お散歩

鹿児島2日目:桜島で雄大な自然を感じよう!美しい景色が多すぎる!!

やってきました桜島!人生初ーーー!

雄大な自然を感じよう!がテーマなのでひたすら歩きます!

桜島&垂水周辺 1日満喫プラン!
  1. 「くろず情報館 壺畑」でくろずの魅力を知る!
  2. 垂水市漁業協同組合「海の桜勘」で味わうカンパチの美味しさに大興奮!
  3. 「道の駅たるみずはまびら」で魅惑的な鹿児島の食材をたくさんゲット!
  4. ついに「桜島」へ!最高に気持ちの良いお散歩を!

桜島ってこんなとこ!

昔は本当に島だった!

桜島は、東西に約12km、南北に約10km、周囲約55km、面積約80km2の火山です!島内には約4600人(2015年1月)が暮らしており、火山とともに生活を送っているとのこと。

かつては「島」でしたが、1914年の噴火によって鹿児島市の対岸の大隅半島と陸続きになったそうです。(知らなかった。。)

噴火は日常!その数、年間400回以上!

「噴火は日常的に起こること」とのこと。

克灰袋(火山灰を集めて捨てるための袋)が配布されたり、天気予報の中に降灰予報(噴火した時にどこへ火山灰が降るかの目安がわかる予報)があったりと、他の地域にはない特色があります。

ちなみに、洗濯物を外に干すかどうかは降灰予報次第なんですって!風向きのチェックが超重要!

実際に、年間爆発回数のグラフを見てみると、2011年はなんと996回

グラフにはありませんが、2017年から2020年は南岳の噴火が主で、毎年400~500回も噴火しているとのことでした。

出典:みんなの桜島 桜島の火山活動

アクセスはフェリーか車!

桜島にはフェリーか車でいくことができます!

フェリーの場合は、鹿児島市内にある「鹿児島港」から桜島内の「桜島港」まで!所要時間は15分ほど!

新幹線の駅である「鹿児島中央駅」から「鹿児島港」までも車で15分程度なのでアクセスはとても良いと思います!

また、島にありがちなフェリーの本数が少なかったり料金が高かったりといった心配は一切無用です!なんと、24時間運行していて、大人一人200円!!

自動車の運送も、運転者一人の運賃を含んで、車長が3メートル未満であれば1070円、1メートル長くなるごとに400~500円くらい値上がりしていくイメージです!

これは便利ですね!!鹿児島市の中心部にいるときは、フェリーの利用が便利です!

飛行機で鹿児島に降り立った場合や鹿児島市の中心部にいない場合は、直接桜島を目指してしまう方が便利そう!

下記の通り、「鹿児島空港」から「鹿児島港」まで車で40分ほどかかるので。。

「鹿児島空港」から「桜島港」までの所要時間は、高速を利用して約80分ほどです!(一般道だと100分くらい!)

私達は道中でくろず情報館にも寄りたかったし、垂水市でかんぱちを食べる予定でもあったので、車で向かうことにしました!次はフェリーも乗ってみたいな!

(噴火で半島とくっつくこともあり得ると知ったので急がねば!)

歩こう!桜島!

おすすめルート!最低3時間は確保して!

桜島に到着して、下記のルートでめぐりました!所要時間は全部で3時間ほどでしょうか。

それでもまだまだいたいーーー!って感じだったので最低3時間は確保しておくと良いと思います!

  1. 有村溶岩展望所
  2. 道の駅桜島「火の島めぐみ館」
  3. 桜島ビジターセンター
  4. 「桜島」溶岩なぎさ公園足湯
  5. 溶岩なぎさ遊歩道
  6. 烏島展望所

ルートにすると、大隅半島側から桜島港側に向かって進んでいくイメージ!

「桜島」溶岩なぎさ公園足湯付近の駐車場に車を停めて、その後は歩いて「烏島展望所」まで向かいました!

有村展望所で溶岩石に圧倒される!

ここからはひたすら写真で様子をお届けします!!笑

なんちゅう形や!!

こんなところに植物が生えるとは。。

階段を登った先には桜島がどーん!

ハイテンションで記念撮影しちゃった!

写真を見て、自分で歩いてみたいなーと思ってくださる方がいたら嬉しいです!

道の駅桜島はさらっとでOK!笑

店内には桜島の名産、小みかんや椿油などが売られていました!小みかんは小さくてとてもかわいい!

ちょっと古めの道の駅で、くるっと一周すれば満足!って感じです!笑

物価は高め!?

外には桜島大根が植えられてました!

桜島ビジターセンターで火山のお勉強!

ビジターセンターは、他のスポットと異なり、パネルや展示で桜島と噴火について学べる施設です!

これまでの噴火の歴史を学べます。

噴火の様子。。もちろんこんなに近づくことはないけれど映像がすごかった!

近くで見るとこんな事になっているのか!!驚

桜島溶岩なぎさ公園で足湯を楽しむ人も!

お勉強した後は、実際に歩いてみましょう!溶岩なぎさ公園へ行ってみよう!

公園内の全長約100mのとっても長い足湯は、無料で利用できます!

書いておいてごめんなんだけど、私足湯がちょっと苦手なので入りませんでした!笑

知らない人と足だけを共にする(言い方!笑)ってどういうことなん!?って思ってしまうタイプ。。(どんなタイプや!でも共有のスリッパとかも極力避けたい派!)

寒すぎないところがまた良い!

足湯を楽しんでいらっしゃた方は皆さん気持ちよさそうでした!(雑なまとめ!笑)

溶岩なぎさ遊歩道で海と溶岩とに癒やされて。

足湯を通り超えると遊歩道が見えてきます!

ここは本当に気持ちの良いお散歩ができますよ!見る景色が新鮮で美しくって本当に癒やされた!!

ほとんど平坦な道なので息切れすることなくお散歩できます!笑

きれいだったなぁ(しみじみ)

ごつごつやん!

道に沿ってまっすぐ歩いていきましょう!

そうすると海が見えてくる!

のんびーりのんびーり。

烏島展望台付近の電灯はとってもかわいい!

展望台に行くまでの道には、そこら中に軽石が落ちていました!かかとコシコシするやつ!笑

道の駅で100円で10個くらい入ってたのを買ったけれど、よゆーで拾えます!笑

電灯にご注目!桜島大根と桜島のモチーフになっています!かわいい!

後で調べてみたらところどころ大根や山の形が変わっているものもあったそうです!!見つけられなかったー!

電灯は全部このモチーフ!並ぶとかわいいよ!

展望台はこんな感じ!錦江湾、溶岩、桜島、どの方向を見ても絶景が広がります。

ちょうど日が暮れそうで雰囲気が出てます!

実はこの場所はもともと海の上に浮かぶ「島」だったそう。大正噴火の溶岩が、海を埋め立てながら進み、沖合約500mにあった「烏島」を飲み込んでしまったとのこと!!驚

島だったなんてまったくわからなかった!!自然を前に人間はあまりにも無力だって言葉をよく聞きますが、噴火の凄さを肌で感じますね。

「烏島はこの下に」って書かれています!!

猫ちゃんは人馴れしすぎているくらい!餌を与えてはいけません!

歩いていると、こんなものを見つけました。退避壕です。噴火が今でもあることをよく理解できます。

退避壕って初めて見ました!

写真が多くてとっても長い記事になりましたが(笑)、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです!

また絶対行きたい場所、桜島でした!癒やしをありがとう!

これで最高に美味しくて楽しかった熊本・九州旅も終わりです!(寂しすぎる。全然帰りたくないやつ。)

次は水戸・いわき編をお届けします!(どんだけ!笑)

では、今日もこだわって行こう!

(Visited 49 times, 1 visits today)

鹿児島2日目:道の駅たるみずはまびらは楽しすぎ!美味しいものしかない!!前のページ

[まとめ] 花園・前橋日帰りドライブ!ぐんまフラワーパークに行こう!次のページ

ピックアップ記事

  1. 鹿児島1日目:田原坂で歴史を学ぼう!西郷隆盛を感じる日。

関連記事

  1. 旅行・観光

    新潟2日目:道の駅 南魚沼で魚沼産コシヒカリの旨さの真髄を知る!白米最強説。

    新潟市を離れるのはちょっぴり寂しい気持ちでした。。が、新米が…

  2. 旅行・観光

    鹿児島1日目:田原坂で歴史を学ぼう!西郷隆盛を感じる日。

    実は今回の旅行で熊本を訪れたのは、この「田原坂西南戦争資料館…

  3. 旅行・観光

    新潟2日目:道の駅ふるさと村で発酵食品をゲット&お煎餅まつり!

    2日目もガンガン行きますよー!朱鷺メッセとメディアシップ周辺…

  4. 北海道

    北海道3日目:【番外編】札幌のふくろう亭でジンギスカン…あ、あれ?

    登別から札幌に移動して、いざ晩ごはんです!3日目の夕食はジン…

  5. 北海道

    北海道3日目:石水亭で登別温泉を楽しむ!お肌つるぴかー!

    さぁたっぷり歩いて汗をかいたので、いざ温泉へーーー!!…

  6. 埼玉県

    埼玉が誇るブランド豚「むさし麦豚」!美味しい脂と柔らかな肉質はやみつき必至!

    さぁ日帰りドライブプラン、一つずつおすすめをじっくり…

  1. お散歩

    群馬2日目①:玉原湿原を歩いて湧き水でのどを潤す!夏でも楽しめるウォーキングコー…
  2. 北海道

    北海道1日目:はこだて自由市場がうまくて安くて最高だ!
  3. 旅行・観光

    横浜・みなとみらい日帰りベストプラン!【前編】
  4. グルメ

    シズラーのテイクアウトで野菜たっぷり大満足!
  5. 旅行・観光

    新潟2日目:道の駅 南魚沼で魚沼産コシヒカリの旨さの真髄を知る!白米最強説。
PAGE TOP